CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
 
<< 正しいか正しくないかじゃない、直感を信じろ! | main | 髪型を変えるは実はプチ環境変化 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    愛すべき存在
    0
      仏検の帰り道、書店に寄った。

      目的は、ずっと読みたくてうずうずしていた

      加藤秀視さんの『自分を愛する技術』。



      仏検に集中するためしばらく本断ちしていたので

      飢えた身体が栄養を吸収するように

      一気に読み切ってしまった。



      過去と他人は変えられない

      という呪縛にかかっていた私を発見した。



      そんなことはまったくなく

      過去も他人も変えられる。



      最近私に起こったことが証明なので

      後日これについては書いてゆきたい。

      感動のあまりまだ言葉にできないのだが、

      でもでも、必ず言葉にしたいと思うのでお楽しみに。



      本題に戻すと

      この本を読了して

      応援し勝たせるべき存在を決めた。

      虎と小鳥の教材を通じて

      パリやフランスという国を

      ますます好きにさせてくれた

      カミーユとアントワーヌ=TIPAだ。



      TIPAのライブ

      日時:2014年8月8日(金)開演17:30

      会場:日比谷公会堂

      チケット:¥3,500



      カミーユは私の今まで持っていたジャズの

      スキャットの概念を変えた。



      スキャットといえばエラフィッツジェラルドだった。

      神がかっていてだれにも真似できない技。

      近づけない。



      カミーユのスキャットは距離が近い。

      だから共感できる気がする。

      高い技術を持っているのは確かだけど。



      教材の映像担当のアントワーヌには

      ずばりレンズの話をいつか聞きたい。



      さすが日本でも映像を学び、

      ドキュメンタリー作家だけあって

      美しい構図で魅せる。



      今日は私の最も愛すべき存在の長女が

      アデノウィルスにやられて39.5℃の

      高熱を出し、身動きが取れなかった。



      彼らの日比谷ライブでの成功のために

      明日、美容院へフライヤーを置きに行く!

      美容院情報はまた明日書きます。



      ここの店長はフランスとオペラ座バレエを

      こよなく愛する素敵な女性。



      一足先に虎と小鳥に入会した私が

      虎と小鳥を紹介した

      いわば身内のような存在。



      お客様にフランス人を多く抱え

      またフランスやフランス語に興味を

      持たれている日本人のお客様も多いという。

      フライヤー設置も快諾歓迎してくださっている!



      | - | 00:16 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 00:16 | - | - |